高速道路の一般常識!事故を起こさないために知っておきたいこと

自動車を運転する限り、誰にでも交通事故を起こす可能性はあります。特に普段はあまり乗らず、週末だけ利用するサンデードライバーなどは運転に不慣れなことが多く、事故を起こしやすい傾向があります。一般道路でも交通事故は起こりますが、中には小さな規模の事故もあります。しかし、高速道路で事故が起きた場合、被害が小規模で収まることはまずありません。


一般道の制限速度の倍近い速度で走っている大型車やバイクが起こす事故なので、規模も大きくなりがちです。事故を起こさないようにするにはまず確実に車間距離を設けることが大切です。速度が出ている分、異常を察知してもすぐには止まれないので必ず減速できるまでの距離が必要になります。そのほか、車の流れているスピードに合わせることも追突事故を防ぐためには重要なことです。過度のスピードは危険ですが、1台だけ遅いのも周りの迷惑になります。ウインカーを出さなかったりする危険で無理矢理な車線変更や、不要の追い越しなどもやめましょう。渋滞などがなく、道路状況が平常通りならスピードも一定にし、安定して走るように心がけましょう。スピードを上げたり落としたりするのも周りの車を困惑させ、事故を誘発します。また、運転中のわき見は絶対にやめましょう。